水槽ウォッチ

狭いマンションで精一杯アクアリウムを楽しむブログ

アマゾンフロッグピットの増殖が止まらない

f:id:ymkjp:20170428114044j:image

ひぇ〜、3株だったはずのアマゾンフロッグピットが増殖。水面を覆い尽くしています。

 

f:id:ymkjp:20170427215308j:image

 水中からの様子。根は長いもので 20cm ほどに達しています。水質浄化には役立っていそうですが、人によっては鑑賞面で難ありです。

 

f:id:ymkjp:20170428081941j:image

メダカたちは元気です。稚魚も1匹も落ちていません。

 

f:id:ymkjp:20170428114600j:image

水草とともに水槽壁面の藻も育っています。LED照明の光量をあげてから茶コケは衰退して、緑の藻が増殖しています。結果的に、ヒメタニシやミナミヌマエビにとってはご飯が減ってしまっているようです。

 

それでは。

 

 

 

屋外水槽のメダカたち

f:id:ymkjp:20170406143938j:image

屋外の水温が上がり始めたのでメダカと金魚を投入していました。

 

f:id:ymkjp:20170406143742j:image

青水が濃くなってきていて底にいる生体の様子は見えません。どれくらいの頻度で掃除すればいいのだろう。

 

 

LED 2灯体制にしたとたんメダカが交尾を始めた

ジェックス クリアLED POWER3 300

 f:id:ymkjp:20170406134215j:image

ジェックス クリアLED POWER3 300 を屋内に設置している30cmキューブ水槽へ追加しました。

 

f:id:ymkjp:20170406134232j:image

点灯した数分後、朝になったと勘違いしたのかメダカのつがいが交尾を始めました。

 

元々LED電灯を増設したのはケイ藻が減るかどうかの検証が目的でしたが、まさか交尾とは驚きました。

 

 f:id:ymkjp:20170406135524j:image

LED増設して数日くらいではケイ藻は隆盛しています。

 

f:id:ymkjp:20170406135705j:image

しかし、投げ込みフィルターの上部に緑色の藻が生えまじめました。引き続き、この変化を観察していきます。

 

 

 

スクレーバーで水槽をお掃除

f:id:ymkjp:20170401193711j:image

写真から水槽内部の壁面にケイ藻が発生して茶色く汚れている様子が見てとれます。これが鑑賞の妨げになるので除去をしました。

 

寿工芸 コトブキ K-189 セリウムスポンジブラシ

寿工芸 コトブキ K-189 セリウムスポンジブラシ の評判がよかったので試してみました。

 

f:id:ymkjp:20170401193703j:image

比較画像。スクレーバーでこそぎ落とす前の様子。

 

 f:id:ymkjp:20170402105037j:image

比較画像。スクレーバーでこそぎ落とした後の様子。視界がスッキリとしました。

 

ケイ藻はミナミヌマエビやヒメタニシが食べるので、鑑賞に関わる2面だけを掃除しました。ブラシに枝が付いているので特に水を抜く必要もなく、5分とかからずに完了しました。期待通りの性能でした。

 

ケイ藻が発生しているのには、亜硝酸過多と光量不足の2つの仮説が自分のなかにあります。前回水換えのとき以来発生しにくくなっているので亜硝酸なのか、太陽光が入らない場所なので光量なのか、あるいはその両方か。LEDライトを追加注文したので実験してみます。

 

ジェックス クリアLED POWER3 300

到着しだい、2灯体制でいきますぞ!

 

  

 

ミナミヌマエビの導入

f:id:ymkjp:20170402111840j:image

まだまだケイ藻が発生しているとはいえ、水質にそこそこ自信が持ててきたのでペットショップでミナミヌマエビを購入してきました。まさに「ツマツマ」という仕草で藻をついばんでいて微笑ましいです。

 

 f:id:ymkjp:20170402111900j:image

 

10匹入りで298円なのに9匹しか入っていなかったですが子持ちの個体が入っていたのでお得でした。

 

f:id:ymkjp:20170402112106j:image

水あわせは点滴法で慎重に行いました。エビたちは苦しそうにもがく様子も見せず、平気な様子でした。

 

それでは。

 

田舎出身ならではのメダカ水槽の水換えテクニック

f:id:ymkjp:20170326220419j:image

今日は水換えをしました。写真は水換え前の様子。メダカたちはいたって元気なので、投げ込みフィルターの底にたまったゴミだけ吸い出しました。この方法だと水槽全量の4分の1ほどを抜くだけで済みます。

 

ふと、水換え前の水面に鼻を近づけて匂いをかいでみました。

 

「これは、田んぼの匂い?!」

 

そうなんです、水田の匂いがしたのです。恐らくバクテリアがうまく働いてくれているっていうことだと思います。メダカたちは英語で Ricefield Fish と呼ばれるくらいですから、彼彼女らにとって良質な水なはずです。

 

最近、水質に自信が出てきてはいました。特に先週新たにメダカたちを導入したときに、ストレスを示すことなく、元気よく泳いですぐにエサを探し回る素ぶりも見せていて、快適な環境にできているなと思ってはいました。

 

それにしても水質の良さがまさか水田の匂いに結びついているとは。水槽立ち上げ当初はドブ臭かったのですが、ずいぶんと進歩しました。これからも気を抜かずにメンテナンスに励みます。

 

水田の匂いが分かる方は、このテクニックを用いて水質チェックをしてみてください。

 

そろそろエーハイムのフィルタが替えどきかな。

 

 

メダカの稚魚たちの成長

f:id:ymkjp:20170322222834j:image

ずいぶんと大きくなりました。もうそろそろ成体むけのエサも食べれるようになりそうです。

 

f:id:ymkjp:20170322222842j:image

いつもはこれくらい底が汚れていますが、5匹とも生き残っています。

 

キョーリン ちびっこメダカのエサ 30g

エサはキョーリンの稚魚用飼料とゾウリムシを与えています。